headband

セキュリティ強化のため変更した方が無難です

モバイルルーターを使う場合、接続先となるアクセスポイント名を示すSSIDが必要になります。

アクセスポイントというのは、無線でノートPCやタブレットなどの無線LANに対応した端末を、インターネットに接続させる、サービスのことを言います。

SSIDは自由に名前を付けることが出来、最大32文字まで任意に設定が可能です。

顔文字を入れたり、記号を入れたりすることも可能ですが、使えない文字を使うと、文字化けする恐れがあるので注意しましょう。

最初のSSIDは端末の設定画面から確認することができます。

また、変更も基本的には設定画面から行います。

変更した方が良い理由は何?

モバイルルーターのSSID、その初期値は、どのメーカーのモバイルルーターなのか、すぐにわかるような名前になっています。よって、悪意ある第三者が、ネットワーク環境をチェックしたときに、どこのメーカーのモバイルルーターなのか、簡単には判断できないような名前にしておくと良いでしょう。

こうすることで不正なアクセスを防止することができます。

しっかりとSSIDを変更することで、安心したネットライフを送ることが出来るでしょう。

その他にもセキュリティ強化の方法ってあるの?

モバイルルーターには高度の暗号化によるセキュリティが施されていますが、初期設定では、古い暗号化方式である、「WEP」が使われている場合があります。

このような場合には、より安全性の高い「WPA」や「WPA2」に設定を変更されると良いでしょう。

この変更もモバイルルーターの設定画面から行うことが出来ます。

またユーザー名:認証IDやパスワードも変更した方が良いでしょう。

初期値では、認証IDが「admin」「root」となっており、パスワードも「空白」である場合が多いです。

こちらも設定画面から変更が出来るので、自分だけがわかるパスワードやIDに変更されると良いでしょう。

pagetop